留学持ち物チェック

TOP / 留学持ち物チェック

リストを参考に、忘れ物がないか、何が必要なのかチェックしてくださいね。

web2-001 (1)

基本的には、現地で購入できるものが多いですが、常備している薬や、
女性の方は化粧品などは日本から持ってくることをオススメします。

お金の持って行き方

お金の持って行き方に関しては「コレが一番」と言う方法はありません。例えば、1ヶ月~2ヶ月の短期留学の場合は、クレジットカードと現金は少しでもいいでしょう。しかし、長期留学で来られる方は、クレジットカードも必要ですが、現金の必要性も強くなってきます。
ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットをまとめました。

現金の場合

メリット 現地通貨に換えてから、すぐにどこでも使えます。
デメリット 万が一、盗難にあってしまった場合は現金は戻ってきませんし、旅行保険の対象ともなっていません。日本でカナダドルに換金する場合はレートがあまり良くありません。

ワールドキャッシュカードの場合

メリット 現地のATMから現地通貨が手に入ります。日本の口座からの引き落としになるので現地の口座開設の手間もなく、便利。シティバンク、新生銀行やeBANKなどが有名です。
デメリット ATMや銀行によっては、1日に下ろせる限度額を設けている場合があります。
手数料が割高です。

クレジットカードの場合

メリット カナダはカード社会なので、ほぼどこでもクレジットカードが使えます。現金の盗難や紛失などの心配もいりません。
デメリット 日本での引き落とし日でのレート計算になるので、レートによっては損をする場合があります。

海外送金の場合

メリット 現地で口座を開設して、日本の銀行から現地口座に送金します。一番安全な方法です(銀行によって手数料は異なります)。
デメリット 英語の苦手な人が現地の口座を開設するのは大変な場合もあります。
送金手続きが面倒な上、手数料が5,000円前後かかります。

お金の持って行き方は、皆さん大変悩まれることだと思います。
当社カウンセラーがあなたにあった方法をアドバイスしますので、お気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング