タックスリターン

TOP / タックスリターン

インカムタックスリターンについて

カナダ市民、永住者、就労労働ビザ保持者はもちろん、ワーキングホリデーや学生ビザで滞在の方も含め、一定期間カナダに滞在している方は、収入の有無にかかわらず「インカムタックスリターン」を申告する義務があります。このインカムタックスリターンは日本で言うところの「確定申告」にあたり、カナダでは日本のように雇用者が年末調整をするということがないので、個人が行うことになります。

学生ビザで滞在の方はカナダでの収入はありませんが、申告年度の年末(12月31日まで)オンタリオ州に居住しているという条件を満たせば、家賃として支払った金額の一部が還付される場合があります。ホームステイ費用も食事費用を除いたもの(総支払額の大体50%と計算)がレントとして申告できます。

基本的に申告期限は毎年4月30日までですが、この締め切りは税金などを支払う義務が発生する者に対する申告期限です。一般的に留学生、ワーキングホリデーの滞在者のほとんどは還付金を受け取る側になりますので4月30日を過ぎても申告可能です。また、最高10年までさかのぼって申告することができます。

申告に必要な書類、還付資格などについてはカウンセラーにお問い合わせください。

» assist onの現地サポート一覧をみる

無料カウンセリング