留学単語集

TOP / 留学単語集

留学お役立ち単語集

ESL
「English as a Second Language」の略、 「第二言語としての英語」を意味し、第二言語として英語を学ぶ人のための学校のこと
Tuition Fee
語学学校、大学などの授業料のこと
Transcript
学校の成績証明書。カレッジ・大学に受験する際、高校もしくは大学の成績・卒業証明証が必要となります。

Placement Test
語学学校初日に行われるレベル分けテストのこと。
通常、文法・リスニング・リーディング・作文・インタビューなどがあります。
Internship
仕事の経験やスキルの習得を目的とした、現地の企業での無給実習プログラム。
多くの語学学校でこのプログラムを提供しており、語学研修(ビジネスクラス)終了後、規定の英語力に達成すれば、企業でインターンシップ体験ができ、実際の職場で使われている英語と海外のビジネススキルの両方を得ることができます。
カナダでは、インターンシップ期間は、語学研修期間と同じ長さまでとされていますので、例えば、8週間のプログラムを受講した場合、インターンシップ期間は最長で8週間までとなります。
Cambridge Exam (ケンブリッジ英検)
ヨーロッパを始め、世界中の大学・企業・教育当局から評価を得ている英語検定試験。
リスニング・スピーキング・リーディング・グラマー・ライティングの全ての要素を評価の対象としています。
TOEFL (Test of English as a Foreign Language)
主に北米のカレッジや大学へ留学を希望する人を対象に英語力を判断するテスト。
留学生は、カレッジや大学に入学申請をする際、TOEFLやIELTSのスコアを証明する必要があります。
IELTS (International English Language Testing System)
専門学校、大学留学のための英語能力の証明や、移住目的のビザ(移民申請)発給に必要な英語力を証明するのに最適な英語能力テスト。ケンブリッジ大学、ブリティッシュカウンシル、IDP Education Australiaが協同で運営しています。
TOEIC (Test of English for International Communication)
英語を母国語としない人を対象に、英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通テストで、約60カ国で実施されています。TOEFLとは異なり、ビジネスに関係する問題が多いです。
受験者のほとんどが日本人・韓国人で、その他の地域では認知度があまり高くありません。日本では、新入社員の英語能力判断や、海外主張や駐在・昇格の基準として多くの企業が採用しています。
Conditional Acceptance (条件付き入学)
学力や能力などでは入学基準を満たしているのに、英語力(TOEFLのスコアなど)が足りない留学生に対し、大学基準の英語力を身につけるために、指定された大学や語学学校でESLを受講することを条件に入学を許可すること。

留学してからも留学で使う専門用語がたくさんあります。分からない事があれば、お気軽にご相談くださいね。

無料カウンセリング