VISA インフォメーション

TOP / VISA インフォメーション

観光ビザ(ビジタービザ)

ビジタービザは、最高6ヶ月までの滞在が認められ主に観光や友人訪問、ビジネスなど短期間の滞在のときに便利なビザです。
6ヶ月以内であれば学校に通う事も許されているので、短期留学の方はビジタービザでも渡航することができます。
滞在期間は入国の際に押されるスタンプの日付から6ヶ月間となります。
スタンプの下に手書きで日付を書かれることがありますが、その時はその日付までの滞在となります。

観光ビザの特徴

メリット 初めてのカナダ入国であれば簡単に入国できる。申請料が不要。
学校に通う場合は現地で学校を決められる。
デメリット 何度も延長することが難しい。
観光ビザから学生ビザに切り替える場合は一度国外に出る必要がある。

※入国の許可は入国審査官が判断するため、何らかの理由で滞在期間が短くなったり入国を許されないこともあります。

学生ビザ(Study permit)

カナダで6ヶ月以上学校に通う場合は学生ビザの申請が必要となります。(ケベック州で就学する場合は申請方法が異なります)
日本から申請する場合は、カナダ大使館に郵送するビザの申請用紙を大使館のホームページからダウンロードし必要事項を記入します。

※ビザの最新情報を必ずご確認ください。» カナダ大使館ホームページ(学生ビザ)

必要書類

ビザ申請書・チェックリスト 大使館からダウンロードして英語で記入して下さい。
申請料金振込用紙 申請料金CAN$150
返信用封筒 住所、氏名を書き切手を貼ったもの
証明写真2枚 5×4cm、背景は無地で3ヶ月以内に撮影したもの。
写真の裏に名前と生年月日を記入すること。
入学許可書のコピー 学校の入学許可書。当社で学校をお申し込みの方へは、当社より送付します。
残高証明 英文で、可能であればカナダドル表記のあるもの。1ヶ月以内に発行されたもの。
滞在される期間内の目安として1ヶ月、1,000ドルです。
パスポートのコピー 写真のページ。就学する期間の有効なパスポート

学生ビザの特徴

メリット 学生ビザを延長する場合は国内申請が可能。長期滞在も可能。
デメリット 日本から申請の場合は、日本で学校を決めなければならない。

※入国の許可は入国審査官が判断するため、何らかの理由で滞在期間が短くなったり入国を許されないこともあります。

ワーキングホリデービザ

今、一番人気のある留学スタイルです。二国間の協定に基づいて、最長1年間 異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために 付随的に就労することを認める特別 な制度です。
年々、ワーキングホリデーの人気が高まり毎年定員人数に達するのが早くなっています。
2014年度の定員は6,500人です。

※ビザの最新情報を必ずご確認ください。» カナダ大使館ホームページ(ワーキングホリデー)

必要書類

ワーキングホリデービザには年齢制限があり18歳以上30歳以下の方が対象。
(申請時に30歳で、入国時に31歳でも可能)
申請料として、CAN$150(2014年現在)が必要。

ワーキングホリデービザの特徴

メリット 1年間の滞在が可能で、6カ月以内の通学も可能。学校に通いながら働くことも可能。
英語環境で就労経験ができる。
デメリット 人気のプログラムのため応募時期を早めにすることが必要。
日本国外からの申請も可能だが、日本へ振込みの必要がある。

※ワーキングホリデービザは、内容が変わる事がありますので必ずカナダ大使館ホームページをご覧下さい。

» カナダ大使館ホームページ(ワーキングホリデー)
» ワーキングホリデーについて

ビザ延長

assist on留学情報センターをご利用されているみなさんには、ビザ延長のサポートをさせて頂いています。
ワーホリ→学生or観光、学生→学生or観光など難しいビザの申請もサポートいたします。
下記にビザ延長パターンを表にしてますのでご参考ください。

学生ビザ 学生ビザに延長→国内申請可能
観光ビザに延長→国内申請可能
ワーキングホリデービザ→日本への申請
観光ビザ 学生ビザに延長→国外申請となります
観光ビザに延長→国内申請可能
ワーキングホリデービザ→日本への申請
ワーホリ 学生ビザに延長→国内申請可能
観光ビザに延長→国内申請可能
ワーキングホリデービザ→ワーキングホリデーの延長は不可

ビザの延長に関しては、当社でサポート致しますのでお気軽にお問い合わせください。

無料カウンセリング